フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

企画捨て場 29

●企画名
「当世職業別盗撮事情」
●企画趣旨
 盗撮事件が勃発する昨今。当然、盗撮犯の職業も千差万別である。
 ここ1年程に捕まった盗撮犯の職業を調べたところ、救急隊員、郵便局員、高校教師、民放元アナウンサー、大学教授、警官、検察事務官、司法修習生(各々、下記に記事あり)と、まさに職業に貴賎なし状態であった。
 手口もいろいろあり、救急隊員の場合は救急車で患者を搬送した病院内で、女性2人のスカートの中をカメラ付き携帯電話(黒い革靴の甲に空けた直径約5ミリの穴を靴の中に隠した携帯電話のレンズに合わせ、動画モードで撮影)で盗影。それを患者に通報されて逮捕。
 郵便局員の場合は職員専用女子トイレの個室に侵入して、家庭用ビデオカメラをレンズ部分だけ外側に出してタオルで巻き、高さ約2メートルの壁越しに隣の個室を盗撮。「年末年始の臨時アルバイトで来ていた女子高生に興味があった」そうだが、盗撮した隣の個室内には50代の非常勤職員の女性がいたとのこと。
 高校教師の場合は女生徒のスカートの中を授業中や清掃時間中に、サンダルの足先に仕込んだデジカメ(縦6センチ、横9センチ、厚さ1・7センチ)で盗撮。しかし行動を怪しんだ生徒40人に詰め寄られ、白状。いつも教壇の机の裏で撮影準備をしていたという。
 皆、それぞれに盗撮に工夫をこらしていることが窺える。また、盗撮手口も手鏡をつかったローテクから、携帯電話のムービー機能を使ったハイテクまでと様々。
 まったく、このように嘆かわしい盗撮大国日本を何とかするべく、彼らの罪状、手口、資料として盗撮ビデオや盗撮サイトを紹介して、断固として盗撮撲滅を図る企画です。
●参考サイト
【救急隊員】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050121-00000002-mai-soci

【郵便局員】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050119-00000062-mai-soci

【高校教師】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041220-00000209-kyodo-soci

【民放元アナウンサー】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041214-00000111-kyodo-soci

【大学教授】
http://blog.blogtribe.org/entry-2380bd175b02963f4fa9bc0d97d3fb2f.html

【警官】
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/030830ke122880.html

【検察事務官】
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/030802ke119290.html

【司法修習生】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050105-00000178-kyodo-soci
(司法修習生の後日記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050126-00000114-yom-soci

●企画名
「そう言えば、北朝鮮のサッカー選手もモテルの?
 ヨシ、実際に北朝鮮のユニフォームを着て徹底検証だ!
 ついでに北朝鮮チームの第2のベッカム様やヨン様も探します」
●企画趣旨
 日本のサッカー選手はモテます。ヒデしかり柳沢しかり中田(大)しかり。
 つい先日も電車の中で「私のカレ、サッカー選手だから、コンビニ弁当3つも食べるの」とバカ女が携帯で話していたことからも明らかである。
 まあ、各国、サッカー選手という肩書きだけでモテルのは同じであろう。
 当然、ベッカムとロナウジーニョ(?)を比べれば同じサッカー選手でもモテ度に差はあるだろう。しかし、ブ男なサッカー選手とブ男な一般人なら、どちらがモテるかは言うまでもない。
 では、北朝鮮のサッカー選手もモテるのか? っていうか、日本女子の大半は北朝鮮のサッカー選手の顔すら知らないであろう。
 つまり、北朝鮮のユニフォームを着て、「実はオレ、プロのサッカー選手なんだよね。国? 北のほうさ」と身分を偽われば、簡単に北朝鮮のサッカー選手になりきれるはずだ。で、その格好でナンパなりキャバ遊びなりをすれば、おのずと「北朝鮮のサッカー選手もモテルのか?」が判明するはずである。
 要は北朝鮮のサッカー選手に化けて、日本女子に声を掛けた結果、「モテた」か「モテなかった」を報告するだけの企画です。
 具体的にはあまり顔を知られていない芸人等11人にユニホームを着せた後、渋谷の街などに一斉リリースしてナンパ試合をして貰う感じです。
 ついでに北朝鮮のサッカー選手(レギュラー、補欠を問わず)の中から、かっこいいのを見繕って、第2のベッカム様、ヨン様としてうまく仕立てあげる。
 うまくいけば、日本VS北朝鮮の試合当日の北朝鮮観客席で、日本女子が大挙して北朝鮮を応援している姿が拝め、新しいサッカーファン層も掘り起こせるだろう。

●企画名
「着ぐるみがあれば何でもできる!」
●企画趣旨
 つい先日、猿の着ぐるみを着て、コンビニ強盗を試みた輩がいた(下記に記事・画像あり)。この事件は昨年警察がPRと称して、パンダの着ぐるみを着て老人からひったくりをする寸劇を行ったことが一因と思われる(下記に記事・画像あり)。
 一方海外に目を向ければ、ニワトリの着ぐるみ強盗(下記に記事・画像あり)、サンタの着ぐるみ強盗、ディズニーキャラクターのティガ-の着ぐるみ強盗(下記に記事・画像あり)等の事件が起こっており、日本でも益々着ぐるみ犯罪が多発することが懸念される。
 と、「国内外の着ぐるみ事件」と「流行りの着ぐるみ」などを紹介するのが企画①。

 もしくは、着ぐるみとは国を超え、時代を超え、上戸彩を越え、人々に何らかの勇気を与えてくれる存在ではないか。そう、素顔では決してできないことも、着ぐるみがあれば犯罪以外のことだって何でもできるはずだ。
 ということで、着ぐるみを着て、バカバカしいことを実験してみるのが写真重視の企画②。この場合、イメージ的には「着ぐるみがいてはいけない風景」で「意味のないことをする」という感じです。
 具体的には着ぐるみ姿で「マイナーな裁判を傍聴する」、「牛丼屋で卵だけ頼んで1日中居座る」、「シルバーシートに寝転んで山手線一周」みたいなくだらないことをして、着ぐるみの万能感を世にしらしめます。
●参考サイト
【猿の着ぐるみ事件】
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200501/sha2005012602.html

【パンダの着ぐるみ事件(警察のPR)】
http://www.pureweb.jp/~sugiud/archives/000227.html

【ニワトリの着ぐるみ事件】
http://x51.org/x/04/01/0700.php

【ティガ-(ディズニーキャラクター)の着ぐるみ事件】
http://x51.org/x/03/05/1447.php

●企画名
「諭吉ショ~タイム」
●企画趣旨
 各界の著名人に1万円を渡して、各々自由にその1万円を使って貰い、その内訳を発表する企画。
 同じ1万円でも人によって立場によって年齢によって趣味によって性癖によって、千差万別な使い道があるはずである。
 ある人はその1万円を元手に何百万円に増やすかもしれない、またある人はその1万円で運命が変わるかもしれない、またまたある人はその1万円のせいで死を向かえるかもしれない。
 たかが1万円、されど諭吉である。
 ちなみに各界の著名人とは芸能人、スポーツ選手、ミュージシャン、小説家、画家、政治家、財界人、会社員、公務員、フリーター、学生、AV女優、風俗嬢、キャバ嬢、ホスト、ホームレス等々の代表者のこと。

●企画名
「『ハクション議連』と一緒に行く!
 東京近郊の花粉デンジャースポット・ツアー」
●企画趣旨
『ハクション議連』とは設立10周年を迎えた、自民党の『花粉症等アレルギー症対策議連』(衆・参議員52名が参加)の通称のこと(下記に参照記事を記載)。
 そんな花粉好きな彼らの一部と、過去最大級で昨年の30倍と予想される今春に備えて、花粉飛散デンジャースポット(東京近郊の花粉が一杯飛んでそうな場所3,4ヶ所)を一緒に巡るツアー企画です。
『日本人の3人に1人が発症する可能性がある』と語る名倉宏教授(東北大学医学部病理形態学)等の花粉症専門家か、お天気キャスターの森田さん(重度の花粉症)がツアーガイド候補。
 ツアー中は花粉症に効くと噂のヨーグルトをみんなで食べたり、花粉症対策飲料の『体質茶』や『春のミント習慣』、『花粉仕事人』を片手に杯を重ねて、花粉症のグチなんかを聞きたい。
 また、巷には花粉症対策グッズの新作が続々と出回っている。
 ロケット用の耐熱繊維を応用した活性炭繊維で作った「マスク」、洋服に付いた花粉を除去する直径0・03ミリのヤギの毛を使った「ブラシ」、衣服や布団に花粉がつきにくくなる花粉ブロック「スプレー」などが好評のようだ。 できることなら、彼らとそんなお土産ショッピングも楽しみたい。
 真剣に日本の花粉を憂れう政治家なら、きっとこのツアーに参加してくれるはずだ、多分。
 そう、彼らが知らぬはずはない。
 花粉症のせいで1~3月期の個人消費が前年同期に比べ7549億円減少し、実質GDP(国内総生産)成長率が0.6ポイント押し下げられる可能性があることを。テレビ東京の『教えて!ウルトラ実験隊』が花粉症の特集でデータ-捏造して番組打ち切りになることを。
 花粉大国日本を救えるのは『ハクション議連』だけ!
●参考サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050201-00000413-yom-pol

【追加ネタ】
●北海道に集団花粉疎開しようクイズ!
 花粉症ご一行様に、花粉舞い散る東京で花粉症クイズを出して、正解者の上位何名かだけが北海道上士幌町に集団花粉疎開できる。
●参考サイト
『<スギ花粉症>北海道上士幌町が「疎開ツアー」を企画』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050127-00000059-mai-soci

●花粉症に効くツボはコ・コ・よ。
 花粉症に効くつぼを裸女の肉体を使って説明する。マジック等で花粉症のつぼに「つぼ」と直接書く感じです。
●参考サイト
『花粉症に効くツボ』
http://www.sala.or.jp/~moto-1/contents/kafun/kafun3.htm

●新しい花粉症民間療法を作る会
 日本において、花粉症はわずか40年程度の浅い歴史しか持たない病気だ。
 つまり新手の民間療法を作る機会の余地はまだまだある。
 例えば、「風邪のときには卵酒を飲む」、「頭痛のときにはこめかみに梅干をはる」、「霊柩車を見たら親指を隠す」等の根拠も効果の程も疑わしい民間療法が立派に存在しているように、花粉症バージョンの民間療法を独自に新開発してみる。
 ある花粉症患者が語った、「花粉症のときはヨーグルトにお茶を掛ける」(作りです)が百年後のスタンダード民間療法になるかもしれない。
●参考サイト
『花粉症に効く民間療法』
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/3309/minkan.html

『効果はいかが?花粉症の民間療法』
http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000416.html

『花粉症の民間治療、民間薬』
http://www.sala.or.jp/~moto-1/contents/kafun/kafun8.htm

●おしいしくて、簡単に作れる花粉料理
 花粉症人体実験と言ったら聞こえは悪いが、花粉症に効くと噂される飲食物のフルコースを作って花粉症の人に食べて貰う。単なるビンボー料理の花粉症料理バージョンです。
●参考サイト
『花粉症に良い食事とは』
http://www.sala.or.jp/~moto-1/contents/kafun/kafun5.htm

●花粉症の軟弱現代人に喝!
 現代病と言われる花粉症にまんまと罹った現代人たちを、花粉症知らずのおじいさんおばあさん(巣鴨等の)に叱って貰い、年の功が本当にあるなら老人の知恵を振り絞った花粉症対策を聞いてみる。

●花粉症覆面座談会
 花粉症に苦しむ人たちがマスクやゴーグル等で覆面をして、花粉症のあれこれを語る座談会。

●花粉症疑惑のある芸能人
加藤茶
関根勤
小向美奈子
仲間由紀恵
島田律子
高橋かおり
安藤和津
松田悟志
河合薫
華原朋美
 下記記載のネタ元のサイトにも書いてあったが、やはり花粉症の加藤茶の「へっくしょん!」はベタだがおもしろそう。
●参考サイト
『花粉症の芸能人』
http://d.hatena.ne.jp/maikuhama/20040302
http://d.hatena.ne.jp/fuyutaro/20040302#p1
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 16:44 | 企画捨て場