フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

企画捨て場 38

●企画名
「新たな消費リーダーの座にオタクが台頭!?
 萌え萌え市場が日本を救う!
 秋葉原でオタク同行のショッピングツアーに行ってきたよ」
●企画趣旨
「萌(も)え」という感情を意識した書籍や映像、ゲームの市場規模が、03年で888億円に上ることが浜銀総合研究所(横浜市)の調査で分かった。
 バターやステレオコンポの出荷額と並ぶ規模で、同研究所は「近年大きく膨らんだ市場。無視できないジャンルとして確立している」と分析している。
 浜銀総研は萌え市場を書籍・映像・ゲームの3分野に分け、書籍は関連するコミックの販売額から273億円、映像は関連アニメビデオソフトの販売額から155億円、ゲームは恋愛シミュレーションゲームの販売額から460億円と推計。
 また野村総研も、国内のいわゆる「オタク」層の市場規模が約2900億円に上るとする調査結果をまとめた。
 これはデジタルカメラの国内市場規模を上回る。
「市場に対する影響力と消費規模はもはやニッチとは言えなくなっている」。新商品のテストマーケティング対象としての役割など、オタク層のビジネス的価値は大きいと見ている。
 どうやら、今までは消費リーダーと言えば女子高生だったが、最近ではオタクがその座を脅かしているようだ。秋葉原辺りでオタクのショッピングに密着して、その消費行動を通してオタク市場の全貌を明らかにする企画。
●構成案
「オタク市場」は約2900億円で、デジタルカメラの国内市場規模を上回る。オタク市場の一部、「萌え市場」だけでも約888億円にのぼる、とオタク市場の勢いを説明。
                 ↓
実際に秋葉原でオタクの消費活動を見学する。後、どういうものを買ったのか紹介する。
                 ↓
浜銀総研や野村総研にオタク市場の現状、今後についてコメントして貰う。オタク評論家等にその消費活動についてコメントを貰う。
                 ↓
ということで消費新リーダーはオタクです、萌え~と宣言して、まとめ。
●参考サイト
<「萌え」市場>書籍や映像、ゲームで規模888億円に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050411-00000060-mai-soci

2003年のコンテンツ市場における「萌え」関連は888億円(PDFファイル) - 浜銀総合研究所
http://www.yokohama-ri.co.jp/press/report/pr050401.pdf

「もはやニッチではない」オタク市場はデジカメ超える2900億円
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0408/24/news054.html

●企画名
「男は顔です。
 日本男児は謙虚か素直かを問う
 ズバリ『アナタはイケメン、それともブサイク?』」 
●企画趣旨
 英国とオランダに本社のある生活用品メーカー「ユニ・リーバ」が、世界10カ国の女性計3200人にアンケートしたところ、大和撫子は「自分の容姿は他の人よりも劣っている」と考える人が4人に1人と、他国に比べ際立って多かった。
 日本女性は全体的に、自分に対する評価が低い。
 外見的魅力に満足している人は、各国平均の37%に対し14%で大きく下回った。
「自分の外見を表すのにふさわしい言葉」として「かわいい」「美しい」を挙げた人は0%、「魅力的」もわずか2%だった。
 ちなみにブラジル、アルゼンチンでは、半数以上が自分の外見的魅力や美しさに「満足」と回答。
 まったくふがいないなあ、大和撫子ちゃんたちは。
 ヨシ、ココは一つ、日本男児が立ちあがらねばならない。
 というわけで、日本男児に「アナタはイケメン、それともブサイク?」と聞く企画。
●構成案
 世界の女性と比べて、大和撫子が自分の外見的魅力に対して自信がないことを説明。では、日本男児は?
                         ↓
 実際に、多くの日本男児に「アナタはイケメン、それともブサイク」とアンケートを取る。多少はアンケートだけでなく、顔写真も欲しいところ。「イケメン」と答えた男たちの顔と、「ブサイク」と答えた男たちの顔を並べる感じで。
                         ↓
 藤木相元先生に顔相学の見地から、日本男児の顔について語って貰う。後はイケメン(キムタク等)、ブサイク(フットボールアワー・岩尾等)、それぞれの代表的な有名人にコメントを貰う。
                         ↓
 最近の日本男児の顔はどうなのか結果発表してまとめる。
●参考サイト
<容姿>日本女性「自分は他人より劣る」 4人に1人も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050507-00000028-mai-soci

●企画名
「デパ地下はもう古い!?
 これからの時代、デパートと言えば『デパオク』だ!
(初夏の)デートに最適な都内近郊のオアシス、デパオク・ガイド」
●企画趣旨
 「子どもの遊び場」「暗い」というイメージがあった百貨店の屋上のリニューアルが進んでいる。
 東京・日本橋高島屋は大型連休前に35年ぶりに屋上を全面改装した。買い物中に愛犬を遊ばせることができる「ドッグパーク」(400平方メートル)の新設が目玉だ。
 他店も屋上刷新のテーマは「コミュニケーション」や「癒やし」だという。「デパ地下」に次いで「デパ屋」にも変化の波が押し寄せている。
 ということみたいなので、都内近郊のデパートの屋上を『デパオク』として何個か紹介する企画。
●構成案
 見開き2Pのカラーページで、都内近郊の新しくなった『デパオク』(日本橋高島屋、京王百貨店新宿店、西武百貨店船橋店)を写真で紹介する。
 で、文章で『今、デパートの屋上が都会のオアシスに変わっているから、(初夏の)デートにでもどうですか?まあ、一人で行っても楽しいと思いますよ』とか、なんとか報告する。
●参考サイト
百貨店 屋上改装ラッシュ 「ドッグパーク」や「庭園」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050508-00000006-maip-bus_all

●企画名
「お父さん、お母さん、ごめんなさい。
『子供が親に見せたくない番組ベスト10』
 特にPTAは見ちゃダメ!」
●企画趣旨
 日本PTA全国協議会による2004年度の親が子供に見せたくない番組の上位3位は、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』(バラエティー)、フジテレビ系『水10!』(同)、テレ朝系『クレヨンしんちゃん』(アニメ)の順で、03年度と同じだった。
「見せたくない理由」は「内容がばかばかしい」(61.9%)、「言葉が乱暴」(38.7%)、「常識やモラルを逸脱」(37.4%)など。
 そっちがそうくるなら、こっちは「子供が親に見せたくない番組ベスト10」で勝負!というような企画。
●構成案
「親が子供に見せたくない番組」の結果を紹介。
       ↓
「子供が親に見せたくない番組」をアンケートして、ベスト10の結果発表。
       ↓
ベスト10の番組紹介。ベスト1に選ばれた番組に喜びのコメントを貰う。及び、テレビ好きの有名人や著名人にもなんかコメントを貰う。
       ↓
「親が子供に見せたくない番組」と「子供が親に見せたくない番組」の結果は果してどうなったかに触れつつ、まとめ。
●参考サイト
「ロンハー」「水10!」「しんちゃん」=親が「見せたくない番組」-PTA調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050517-00000123-jij-soci

「子供に見せたくない番組」1位、謙虚に受け止める=テレビ朝日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050517-00000141-jij-soci

【追加ネタ】
【「子が親に見せたくない番組」の「私的ランキング」】
『月10万円で豊かに暮せる町&村』
理由 子供のことを考えず、勢いだけで本当に引越しそうだから。

『プロジェクトX』
理由 毎週、親父が男泣きしてウザイから。

『おもいッきりテレビ』
理由 母親がみのさんの「奥さん」の呼びかけにいちいち「ハイ」と返事したり、みのさんの言うことをすべて鵜呑みにするから。

『伊東家の食卓』、『発掘!あるある大辞典』、『ためしてガッテン』、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』等のささいな裏技や胡散臭い健康情報番組
理由 両親がかならず見終わった後、いろいろ試すがどれも中途半端に終わるゆえ。

『なんでも鑑定団』
理由 番組で高値がついた皿などを見ると、物置から似ているだけで明らかに別物のガラクタを掘り出してきて『コレが100万円に…』と薄気味悪く笑うのはやめて!

『トリビアの泉』
理由 後日、さも自分の知識のようにひけらかす。一緒に番組見てたのに…。

『渡る世間は鬼ばかり』
理由 ずっと核家族で姑と暮したこともないくせに、毎回見ながら母親が「どこの姑もそうなのよね」とブツブツ怒る。

『中学生日記』、『金八先生』
理由 「アンタもああいう素直な子供になりなさい」と説教するか、小学生を妊娠させる子役や覚醒剤をやっている子役を見て「まさか、アンタも…」と疑う。

『娘DOKYU!』や『ハロモニ』などのモーニング娘。の番組
理由 母が「ま、いやらしい。この前までオムツしてたのに」という顔をする。自分はジャーニーズ系の番組や韓流スターのドラマをニタニタしながら見ているくせに。

『ドラえもん』
理由 何度声優が交代したことを説明しても、「これは新ドラえもんか?」としつこい。

『ケロロ軍曹』
理由 ママが「いつからアキバ系になったの!」とスイッチを消す。

『真剣10代しゃべり場』
理由 「ほら、アンタもあのコたちみたいにもっとしゃべりなさいよ」と家庭での会話を強要されるから。

『報道ステーション』
理由 古舘さんを見るたびに「久米さんの方がよかったわね」とブツブツ言うから。

『昼メロ』
理由 いい年こいた母親が真剣に身を乗り出して見ていると、いろいろ生々し過ぎるから。

『ワイドショー』
理由 朝も昼も同じ内容のワイドショーをはしご見して、「今日も忙しくて何もできなかったわ」と家事全般をさぼる理由にするから。

『グルメ番組』や『料理番組』
理由 「おいしそうね。今度作ろうかしら」と言うが、実際に作った試しがない。

『動物、ペット番組』
理由 「かわいいわねえ」と言っているが、庭には猫よけのペットボトルの要塞が…。

『クイズ番組』
理由 両親とも答えられた試しがない。自分のDNAに絶望する。

『時代劇』
理由 どれもこれも一緒で、毎回ラストも一緒で毎週見る意味が分からないから。

『映画番組』
理由 何度も見たことある映画なのに、「こんなにいい映画は初めて」と泣く人が家族にいる。

『深夜のエロ番組』
理由 わざわざ夜中に起きてきて、咳払いをしてからまた寝るのは勘弁して。

『お笑い番組』
理由 「くだらない」と一言で片付ける。「そんなヒマがあったら、やすきよの漫才とかドリフでも見なさい」と無理難題を言う。

『音楽番組』
理由 いちいち「あれ、誰?」と聞いてきたり、「あ、このコ、知ってる? 浜崎奈美恵ちゃんでしょ」と宇多田ヒカルを指差して、知ったかぶりをしてうるさいから。

『K1』や『プライド』などの格闘技番組
理由 「まあ、痛い。いい年して殴り合って野蛮ねえ」といちいち口を挟んで、観戦の邪魔をする。

『サッカー番組』
理由 「コレ、いつになったら終わるの?今、何回の表?」と野球と混同する。野球のときはバントを見て「PKね」とサッカーと混同する。

『ゴルフ番組』
理由 何がおもしろいか分からないし、18ホールも退屈。

『相撲番組』
理由 「あっちの方が、おデブちゃんよ」と最下層を見て、自分のことを棚上げ。

●企画名
「その足舐め、ちょっと待った!
『カレシにはヒ・ミ・ツ』なミズムシ娘が急増中!
 というわけで、そろそろ夏本番 彼女にあげたら喜ばれる水虫薬」
●企画趣旨
 働く若い女性の3人に1人は水虫か、水虫と思われる状態になったことがある。
 そんな恐るべき結果が、製薬会社が昨年12月、首都圏在住の20~30歳代の働く独身女性519人にインターネットを通じてアンケートして明らかになった。
 その結果、「水虫と病院で診断されたことがある」と11・2%が回答、「多分水虫だったと思う」の25・4%と合わせると、3人に1人が「水虫経験」があった。
 8割以上は「水虫になったことを恋人や友達に知られたくない」と答えており、水虫のイメージの悪さは相変わらずだ。
 しかし、近年、水虫や、爪の中に原因菌が入り込む「爪水虫」は塗り薬や飲み薬で確実に治るようになっている。
「浮気と水虫は、カレシにバレたくない」と思っている、目下急増中のミズムシ娘の現状を紹介しつつ、男の余裕でよく効く水虫薬も紹介する企画。
●構成案
急増中のミズムシ娘の最前線を紹介。
            ↓
街のミズムシ娘をリサーチしたり、水虫の専門医に「水虫のこと細かな説明」などをコメントして貰う。
            ↓
よく効く水虫薬をいくつか紹介する。また「使用前」、「使用後」の水虫写真も公開したいところ。
            ↓
「水虫は不治の病ではない。性病並に恥ずかしい病だけど」とまとめ。
●参考サイト
恋人には言えない…働く女性の3人に1人は水虫?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050517-00000513-yom-soci
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 20:29 | 企画捨て場