フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

企画捨て場 41

●企画名
「ビジネス最前線をゆく!
 お昼寝ビジネス」
●企画趣旨
 最近流行のお昼寝ビジネスを紹介する企画。
●企画構成
○快眠セラピスト・三橋美穂
http://www.sleepeace.com/
*世の中、いろんな職業の人がいます。
 快眠セラピストとして執筆・講演活動をしているとのことなので、それっぽい専門的なコメントを貰えそうです。

【東京の昼寝スポット】
○「suimin’ROOM(スイミンルーム)」
http://www.mew.co.jp/press/0405/0405-13.htm
*東京・汐留の「ナショナル住まいのショウルーム」2階に、松下電工株式会社が良質な眠りを得るための工夫や生活環境の改善提案を行なうためにオープン。
 完全予約制、「眠りの健康度」チェックと睡眠体験で約1時間、2000円。
 午前10時―午後6時。年末年始休。

○「うたたねスペースZzz1号店」
http://blog.livedoor.jp/akibabot/archives/16799372.html
*東京・秋葉原。基本料金は最初の20分が200円で、その後10分ごとに100円。
 店内はリクライニングシートを1台ずつカーテンで仕切った個室が23、リクライニングシートが12台並べてあるオープンスペース。

○「カフェホテルツカサ新宿」
http://www.222.co.jp/company/publicinfo_box/tokyo041004.html
*東京・歌舞伎町の昨年8月にオープンしたビジネスホテル。
 昼間、部屋の時間貸しを始めた。
 個室での睡眠のほか机を利用した書類整理もでき、出掛けにシャワーを利用できるなどビジネスマンの利用が目立つ。
 シングルルーム1人利用で1時間980円、2時間1900円(リネン代別途300円)から。
 年中無休。
 
○「ココサロン 恵比寿」
http://machi.goo.ne.jp/03-5791-3245
*東京・恵比寿。噂の酸素カプセル内の気圧を1.25気圧に高め、通常の1.5倍の高濃度酸素を充満させてお昼寝。
 全身で吸収すれば血液やリンパ液中の酸素量が増え、身体機能を向上させるとのこと。
 また、45分横になっているだけで、2~3時間の睡眠効果もあり。
 O2Eggベーシックコース、60分 6000円。
 高濃度・高気圧酸素テラピー、45分5,000円。
 営業時間 10:00~20:00(日曜・祝祭日を除く)
「お昼寝ビジネス」というよりは「単なるマッサージ屋」の気もします…。

○「GOOD SLEEP SALON NAPIA」
http://kizuchiro.com/napia/index_02.html
*東京・日本橋の会員制の昼寝部屋。
 会員制ならでは安心感があり、会員は100人に迫る勢い。
 初回会員登録費1000円、利用料40分800円
(延長20分ごとに400円)。
 午前10時―午後6時。土日祝休。

【東京以外のお昼寝スポット】
○「昼寝屋一休」
http://www.hiruneya.com/
*大阪のJR天満駅前。リクライニングチェアや簡易ベッドを置き、簡単なフットマッサージなどのサービス付で1時間700円から利用できる。

○「クラブバッカーノ」
http://www.skybldg.co.jp/space/baccano/index.html
*大阪の梅田スカイビル内。予約制の個室が8部屋。
 1回500円、2500円で1カ月フリー利用可。
 1日約200人の利用がある。

○「ハーフタイム」
http://www1.fbs.co.jp/cgi-bin/hanakin.cgi?mode=show&no=6328
*昨年12月にオープンした、福岡初の仮眠専門店。
 個室と間仕切りだけの大部屋がある。
 利用は15分350円から。

○「バンクーバー国際空港」
 昨年12月、カナダのバンクーバー国際空港の70番搭乗口近くにメトロナップス社の支店として仮眠スペースが設置された。
 置かれているのは半球状の覆いがついたリクライニングチェアが2台。
 20分の昼寝時間が終了すると椅子が振動し、ライトがついて目を覚まさせる仕組み。
 料金は15カナダドル(約1325円)。

【お昼寝ビジネス関連情報】
 昼寝をはじめ、「快眠」を新たな需要として追求する動きは、エアコンや家電メーカーなど各分野に広がりつつある。
 エアコン大手のダイキン工業(大阪市)は、頭からは涼しく、足元からは温かい空気を送り込み、頭寒足熱によって体と脳の休息効果を高める「快眠カプセル」を開発中だ。
 松下電工は、東京都港区のショールーム内に室温や照明を調節して各自に適した睡眠環境を提供する「スイミンルーム」を設けた(*上記に記載済み)。
 同社は「睡眠関連の市場規模は約一兆円強。今後、2~3倍になる可能性がある」(広報部)と、快眠市場の将来性に注目している。

 パラマウントベッドはベッドブランド「INTIME(インタイム)」で、「昼寝用」とわざわざ銘打ったソファベッドを1台194,250円で販売。
http://www.in-time.jp/news/press.html
 また、会社用の抱き枕「デスクピロー」などの外出できず、昼寝をやり難い人向けのユニークな昼寝グッズも発売されている。
http://store.yahoo.co.jp/iimono/57873-0000002.html

●企画名
「夏の甲子園もついに終わったね
 今ココにもうひとつの夏の甲子園が幕を開ける!
 第1回全国高校野球選手権眉毛大会、プレイまゆげ~!」
●企画趣旨
 夏の風物詩と言えば、高校野球。
 そんな高校野球に今、大きな変化が起こっている。
 そのムーブメントは、今年の春のセンバツから静かに始まっていた。
 甲子園球場で開かれた第77回センバツ高校野球大会で連日、熱い戦いを繰り広げた球児たちのまゆ毛に“異変”が起きていた。
 なんと、きれいに細くカットされたまゆ毛が近年になく目立っているのだ。
 試合後に脱帽して校歌を歌う選手たちや、インタビューを受ける主将ら。見慣れた光景だが、彼らのまゆ毛だけに注目すると、多くの選手が、細くしたり際立たせるなど、何らかの手入れをしているのがわかる。
 ある選手の一人によると、毛抜きやかみそり、専用のはさみを使い、週三日のペースで、風呂上がりなどに約十分かけて手入れするのだという。
 高校野球ファンの間でもこの現象は有名になっている。
 長年の高校野球ファンだという北九州市の無職、中山昭和さん(65)は「自然な方が野球一筋といった感じがして好感が持てる。手入れしている子を見ると応援したくなくなる」と辛辣(しんらつ)だ。
 高野連は昨年十一月、外部からの指摘を受けた形で「一部選手のまゆ毛にそり込みがあった」などとして、校則の指導徹底を求める文書を各都道府県連盟に通達した。
 ただ、非難の声をよそに、選手の間でまゆ毛の手入れが当然になりつつあるのが現実。
 というわけで、眉毛から今年の夏の甲子園を振り返る企画です。
 爽やか高校球児の涼しげ夏眉毛のアップを一応全国大会なので都道府県別に48本ほど、4色の見開きでバ~ンと…。
 後、眉毛の専門家に正々堂々、優勝眉毛を決めて貰います。
●参考サイト
センバツ球児「まゆ毛事情」
高齢者ら「スポーツマンらしくない」アウト!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050326-00000030-san-soci

●企画名
「食欲の秋、運動会の秋、体操服の秋。
 秋の新作体操服を要チェケラ!
 最新”体操服”図鑑」
●企画趣旨
 中学、高校向けの体操服に有名スポーツブランドを使用する企業が増えている。
 少子化が進む中で、より付加価値の高い商品を求める動きが、体操服にまで広がっている。
 その先駆け的存在、尾崎商事は5年前に米「リーボック」ブランドを導入。
 毎年、新デザインを投入し新規開拓に成功し、現在570校で採用されている。ちなみにその7割は高校。
 体操服専業のギャレックスも3年前に伊「フィラ」ブランドを投入。
 また、ユニチカメイトは平成18年度採用分から「ニューバランス」ブランドの中・高校生向け体操服を販売すると発表した。 
 というわけで、4色の見開きでファッション誌感覚でモデルさんに新しい体操服をいくつか着て貰って、秋っぽい決めポーズのひとつも決めて貰う企画です。
●参考サイト
ブランドの波、体操服にも 少子化、付加価値で勝負
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050712-00000014-san-bus_all

●企画名
「ど~せ、また行かないんでしょ?
 じゃあ、せめてその日、丸一日を有意義に使おうよ
 9・11衆議院選挙の日にやってるイベントはコレだ!」
●企画趣旨
 企画名で言いたいことはすべて言い尽くした感がありますが、ギャーギャー騒いだところで、どうせまた投票率が低いであろう、9・11衆議院選挙の日にあえてぶつけて開催される、くだらなそうなイベント(コンサート、演劇、スポーツ、お祭り等々)を4色見開きで、いくつか紹介するだけの企画です。
 ざっとリサーチしたところ、9・11当日に以下のような、どうでもよさそうなイベントがありました。
●リサーチ
【コンサート】
『モーツァルトオペラ「魔笛」』
*ティアラこうとう大ホールにて

【演劇】
『「SAZEN」~大江戸お助けマン見参!の巻~』
*博品物館劇場にて

【スポーツ】
●サマージャンプ
『2005 FISサマーグランプリ白馬ジャンプ大会最終戦』
*白馬ジャンプ競技場にて

●プロレス
『ビックマウス 旗揚げ試合』
*後楽園ホールにて

【お祭り】
『島根県・江津市石見神楽大会』
*江津市の秋の一大イベント。市内の主要神楽社中と市外の社中を招き、10組以上の神楽の大会が繰り広げられる。

『東京・芝のだらだら祭り(生姜祭り)』
*芝大神宮の秋の祭礼は、例年9月11~21日という11日も続く期間の長さと、この時期が長雨の頃ということから、だらだら祭りの名が付いた。
 境内で御前生姜という生きのよいショウガが授与され、「ショウガ市」の別名もある。
 女性の服が増えるという千木箱、甘酒なども授与される。

『北海道・弟子屈町の輓馬競技大会』
*人間輓馬(ばんば)は男性は40kg、女性は20kgの重りをそりに乗せ、山が2つある200mコースを3人組のリレーで走る競技。
 馬レースの積荷重量は200~800kgまであり、重量が増すごとに馬主と観客の応援にも力が入る。
 馬と人間全レースに副賞が出る。(参加者は当日会場にて受け付ける)

 以上です。
 もっと町レベルまで落せば、3丁目のゲートボール大会とかのイベントがたくさん開催されていると思います。

●企画名
「夏の仇を冬に討つ! さあ、デブたちよ、蜂起せよ!
“ウォームビズ”デブの季節の陣
 大将の服、取ったり~!?」
●企画趣旨
 先日、ファッションデザイナーの菊池武夫氏、漫画家の弘兼憲史氏、作家の新井満さんらで構成する環境省の有識者委員が「クールビズ」に続き、秋や冬にオフィスの暖房を抑えて省エネにつなげるための新キャンペーン「ウォームビズ」を10月1日から始めると発表した。
 ウォームビズは「寒い時は着る」をモットーに暖房を20度にするのが目的。
 冬は夏より室内外の温度差が大きいため、冷房温度を1度上げるのに比べ、暖房温度を1度下げる方が省エネ効果が高く、約4倍のCO2を削減できる。
 ウォームビズの具体例として、委員からは「ベストを着たり、シャツの下にハイネックを着ける」、「女性はスカートからパンツに変える」、「帽子をかぶったり下着を工夫する」といった案が出されている。
 また、小池百合子環境相は「夏場の冷房並みに冬場の暖房にかかる電力は大きい。暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく、格好良いスタイルを定着させたい」と強調した。
 ハイ、“クールズビズ”ヤセの季節の陣に、ことごとく敗れ去ったデブたちのリベンジ季節がウォームビズの足音とともに到来!
 初年のクールズビルの勝敗などを語りつつ、これから始まるウォームビズの成否を占う。またウォームビズファッションなども紹介する。
 後はクールズビルとウォームビズをデブという観点で見ながら、地球温暖化を考える企画です。
●構成案
クールズビズの成否、及びクールズビズ戦時下のデブたちの生態を紹介する。
             ↓
2匹目のどじょうを狙ってスタートする、ウォームビズの説明をする。またウォームビズファッションを説明して、「デブを殺すきか!」とこまめに怒りツッコミ。
             ↓
デブタレや市井のデブに「クールズビズとウォームビズ、どっちが好き?」とか「それぞれのサバイバル法は?」とかを聞いて、コメントを貰う。
             ↓
地球温暖化の為に全人類デブ化計画を進めようじゃないかとまとめ。
●参考サイト
今度は「ウォームビズ」 暖房も控えめにと環境省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000116-kyodo-soci

秋冬は「ウォームビズ」=着込んで暖房控え目-環境省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000062-jij-pol

<環境省>秋冬は「ウォームビズ」 温室効果ガス削減訴え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000082-mai-soci
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-26 01:37 | 企画捨て場