フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

企画捨て場 42

●企画名
「突撃!“お気に入りファイル”拝見」
●企画趣旨
 他人の日記を盗み見するように、他人のお宅を拝見するように、 時には「突撃!隣の晩ごはん」のように、他人(各界著名人や素人)のパソ コンの“お気に入りファイル”を拝見する企画。
 今や生活必需品のパソコン! そのパソコンの“お気に入りファイル”の中には、その人の趣味、性癖、秘密等々の核が余すところなく、たっぷりと詰まっているはず。
 つまり、“お気に入りファイル”を拝見すれば、その人の人生すべてが分かると言っても過言ではない!
 ついでに、その人の日々のパソコン生活ぶりや、パソコンの使用時間や、パソコン歴や、パソコンとの付き合い方なども垣間見る。

●企画名
「“サーチエンジン”という名の“タイムマシーン”に乗って。
 あぁ、アノ人の声も聞こえる…」
●企画趣旨
 企画名は置いときまして、テレビの音楽番組などによくある「1995年8月のトップテン!」みたいな感じで、各社様々な“サーチエンジン”を駆使して、毎回、年と月(例えば、「1905年 9月」とか「1005年9月」という感じに)をまず打ち込む。
 コレだけだと検索結果があまり芳しくないので、毎回、各界著名人から何か一言(例えば、「内無双」とか、「猫だまし」とか「うっちゃり」という感じに)を貰い、それも打ち込む。
 いくつかのサーチエンジンに、同じ「“年と月”、“一言”」 (例えば、「“1905年9月”、“猫だまし”」という感じに)を打ち込んで、検索する。
 その検索結果の中から出てきた、一番おもしろいサイトを紹介するだけの企画。
*パソコンを使う人なら、かならず使うであろう“サーチエンジン”で、何かおもしろいことができそうな気がして、いろいろ考えてみたのですが、ピンと来るのモノがまだ思い浮ばなかったので、とりあえずこの企画を…。
 ちなみに以下のサイトに“サーチエンジン”がたくさん載っています。
『検索デスク』
http://www.searchdesk.com/

●企画名
「速報!21世紀の自動車教習所最前線」
●企画趣旨
 今まで誰もが通ってきた道、またこれからも誰もが通る道。
“誰もが”とは、18歳になった男女のこと。 “道”とは、自動車教習所のこと。
 昨今、雑誌、新聞、テレビ、映画などのメディアにおいて、この日本国民の義務教育とも言える自動車教習 所を取り上げた企画は皆無である。
 私の記憶が正しければ、11年前の舘ひろし主演の映画 『免許がない!』が、あらゆるメディアが自動車教習所を大々的に取り上げた最後のネタではないだろうか。
 一応、「アムロちゃんだけ教習所で特別扱いされて、ズルい!」という小ニュースもあった気もしますが…。
 何にしろ、まったく嘆かわしい限りです。
 若い読者はもちろん、もう若くない読者も最近の自動車教習所を知るすべがないのだ。
 日本国民はみんな、自動車教習所が大好きだから、どの時代になっても、自動車教習所の最前線を知りたいはずなのに…。
 というわけで、18歳ホヤホヤの、まだ免許を持っていない芸能人を狂言回しに仕立て、その芸能人が免許を拾得するまでを追いつつ、 21世紀の自動車教習所の最前線をルポする企画。
 まあ、個人的には、見た目も運動神経も頭も性格もダメダメなニートくんが社会復帰の第1歩として、紆余曲折を経ながら免許を取るって感じなどが好みですが…。
 無難なところでは、今年18歳になったばかりの、1987年生まれのアイドルなどがやはりいいのではと思い、下記のサイトでリサーチしてみました。

『有名人誕生日データーベース』の「誕生日検索-1987年代-」
http://www.mmmax.net/year/1987/

 1987年生まれの有名人のデーターが137人分記載されていました。
 ただ、私は「マリア・シャラポワ」と「安藤美姫」くらいしか分かりませんでした。
 この有名人の中に、赤丸急上昇中で、第2の小倉優子になる可能性を秘めたアイドルがいるのかもしれませんが、小倉優子の例えが適切なのかすら、私には分かりません…。
 誰にしろ、何にしろ、まだ18歳未満の読者には“憧れの地”の紹介に、18歳以上の読者(免許所持)には“懐かしい地”の紹介になるはずである。
 ちなみに最近では、男の鬼教官の巣窟であった自動車教習所に、若い女性の天使教官が増えているそうだ。
*私事で恐縮ですが、最近、30の手習いということで、そろそろ免許でも取ろうかなあと思い立ち、自動車教習所がどういうところか知ろうと思いましたが、自動車教習所の内幕を扱う最新情報がまったくない。周りの人々は10年以上も前に免許を取ったものばかりで使えない。
 じゃあ、そういうことなら、今回…というのが、このストレートな企画の誕生秘話でございます。…すいません。
 ただ、昔から変わらず、自動車教習所ネタはそこそこニーズがあるのではとの読みもあります。今やったら、逆に新しいかなあとも。

●企画名
「ひろしトリオの人生相談」
●企画趣旨
 今、ノリに乗っている「舘ひろし」、「猫ひろし」、ココに更に「ヒロシ」を加えて、『ひろしトリオの人生相談』とかはどうでしょうか?
 同じ質問に3人のひろしがそれぞれ答えるだけの人生相談企画です。
 もしアレなら、『舘ひろしの危ない人生相談』でもいいっすよ。
 今、30歳前後の世代は、『あぶない刑事』にハマったはずなので、全員舘ひろしが好きなはず。エ~イ、何なら柴田恭平もつけてやる! もってけ、ドロボー!

●企画名
「日本に待望の新しいギャンブルが誕生!?
 その名も“深キョンDEガッポガッポ”かな…
 さあ、キミも深キョンで一攫千金を狙ってみないかい!」
●企画趣旨
 東証マザーズ上場のジャパン・デジタル・コンテンツ信託は、深田恭子主演で06年公開予定の映画「天使」を運用対象に、信託方式による個人投資家向けファンドを11月から募集すると発表した。
 製作費と配給経費計3億円のうち1億5000万円を個人投資家から集める。1口5万円から10万円程度の予定。
 興行収入や、DVD販売実績によって配当額が変わり、元本割れのリスクもある。
 運用対象の映画「天使」は、人気漫画家桜沢エリカさん原作の“癒し系ファンタジー”。
 深キョンは主演にもかかわらず、セリフがひと言もないという役どころだ。演技ベタで定評のある深キョンの当たり役になることは確実だ。
 つまり来年新春、全国の劇場で公開予定の同映画はかならず大ヒットする、完全な鉄板レースとなるだろう。もう、コレは買うしかない!
 ということで、深キョンで一攫千金を狙ってみる企画です。
●構成案
 まず、新しいギャンブルこと、映画「天使」を運用対象にした、信託方式による個人投資家向けファンドとはどういうものか、どうやって買えるのか等々を簡単に説明する。
              ↓
 深キョン本体の説明(身長、体重、3サイズ、足のサイズから趣味、特技、深キョン伝説等々まで)及び、今まで深キョンが主演した映画やドラマを紹介して、出走深キョンをいろいろ知
って貰う。
              ↓
 芸能レポーター、映画評論家、漫画評論家などに深キョン本人やその他の出演者、監督、原作等々を多角的に見て貰い、この映画は当たるのかどうかを占って頂く。
              ↓
 上記の3点を踏まえて、ギャンブル評論家(えびすさん)に、映画がヒットするのか、儲かるのか、何口買えばいいのかをお聞きして、締め。
●参考サイト
JDC信託 深キョン映画が運用対象、新型ファンドを募集
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050907-00000005-maip-bus_all

「深キョン」主演映画で運用…1口5万-10万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050907-00000009-ykf-ent

深田恭子、セリフなしの役に体当たり!…映画「天使」
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005070703.html

劇場用映画を運用対象とする個人投資家向けファンド「シネマ信託~天使~」(PDFファイル)
http://www.c-direct.ne.jp/japanese/uj/pdf/10104815/00037608.pdf

ジャパン・デジタル・コンテンツ信託
http://www.jdc.jp/index.shtml

『天使』 作品概要
http://www.phantom-film.com/coming/tenshi.html
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-26 01:59 | 企画捨て場