フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

カテゴリ:企画捨て場( 45 )

企画捨て場 25

●企画名
「ケータイ推理」
●企画趣旨
 例えば電車の中で、立ち話をしている二人の会話を盗み聞く場合と、一人で携帯電話で話しているのを盗み聞く場合、圧倒的に後者の方がイライラが募る。
 これは携帯電話の場合、一方の話しか盗み聞けないのだから当然のことである。
 じゃあ、せめてその一方の会話だけを元に、電話の向こうにいる話し相手の素性やどういった会話なのかを推理して腹いせをしてやろうという企画です。
 基本的に電車だけでなく、道端や喫茶店などで携帯電話で話している人を見つけて、その会話をメモして後でゆっくり推理する。できればテープに録音できると楽。
●企画サンプル
□携帯電話で話している人(Aさん)の写真(そのデータ―としてそいつの姿形、年齢、話していた場所等)

□その相手(Bさん)の想像イラスト(上記と同様に想像データ―)

□Aさんの実際の声とBさんの想像の声
A「え、でも高くないですか、それ」
B(10万くらい安いもんだよ。私を信用して大丈夫だから)
A「うーん、それ終わった後とかに払ってもいいんですか」
B(君さあ、なめたこと言ってちゃ困るよ、前払いだよ、前払い)
A「でも保証っていうか、保険みたいなのはないんですよね」
B(別にイヤならいいんだよ。)
A…
B…
 とこんな感じで、ある程度会話が続く。

□ケータイ推理
 この会話からAさんは患者、しかもかなりの急患と分かる。
 Bさんは医者、しかももぐりの医者であると断定できる。ただ、もぐりと言ってもある事情で表の医術の世界を追い出されたBさんの腕は確かである。
 これは「私を信用して大丈夫だから」とBさん本人が言っていることから容易に推理できる。
 現在Aさんは下の病気に悩んでいる。「終わった後に払ってもいいですか?」とのAさんの発言から手術を受ける気満々が伝わってくるよね。
 そういった場合下の病気が相場だよね!
 じゃあ、なぜ下の病気と分かるかというとね(中略中も、こんな感じで推理が延々と続いて)結論として手術は明日新大久保のラブホで行われることは間違いない。
 で、後日Aさんは後悔することになったとさ。

●企画名
「先達者たちの主張」
●企画趣旨
 高齢化社会。つまり暇なじじい、ばばあが多い社会ってことだ。
 70年、80年かけて積み重ねてきた偏見やとんでもない勘違いの一つや二つは、老人なら誰もが持っているはず。
 毎回路上や街で暇そうな老人を一人捕まえて、どうせ生い先も短く、何を言っても今さら怖いもんなんてないはずだから、もう好き放題放言してもらう企画。
 無理矢理ワンカップとか飲ませて口を軽くして、本性剥き出しの「まだオナニーしている」とか「本当は孫なんか嫌いだけど、見てるとムラムラする。ほら孫って若いもんじゃから」とか「一度も選挙に行った事がない」とかの類の話をたくさん聞けたらいいなあと思っている。
 人生という名の旅の恥は掻き捨てっていいますし、老人の冥土のみやげにもなる高齢化社会向きの企画だと自負してます。
 取材中にポックリいったら、それはそれでおもしろいことだしね。

●企画名
「最終電車図鑑」
●企画趣旨
 最終電車に巣食う、酔っ払い、キチガイ、変態の方々を写真とともにルポする。現代社会の縮図である、最終電車から今の世相を窺う企画。

●企画名
「取調べ室―刑事役と容疑者役の華麗なランデブー―」
●企画趣旨
 誰もが小さい頃かならず憧れた、刑事。
 刑事の楽しみと言えば、安月給と尋問。安月給は置いておいて、圧倒的弱者イジメである尋問は一度やったらやめられないものである。黙秘権(笑)、って感じである。
 そこで街を行く、暇そうなカップルに、例えば男が刑事役、女が容疑者役で白熱の取調べごっこをやって貰う。
 その様を詳細にレポートして、元刑事の類にこの取調べの出来、不出来を判定とかして貰う企画。

●企画名
「祝!オートマニュアル化」
●企画趣旨
 例えば、恋愛、セックス、人生、出世、金儲けなどなどの森羅万象が、巷ではマニュアル化工場生産され続け、そういったものがテレビなり、本なり、雑誌なりになり、大海原一面でチャプチャプしている。
 そっちがそのつもりなら、隙間産業も真っ青になるくらいな隙間のマニュアル化にも取り掛かろうという、細かい作業を要する企画。
●企画サンプル
□刑事に手錠をかけられるときのマニュアル。
 相手、つまり刑事にちょっとだけ気がある素振りを見せるのも一つのテクニック。
 刑事が怖い顔でガチャガチャさせながら手錠を振り上げたとき、足を心持ち45度開いて『痛くしない? 本当に痛くでね、約束よ』と普段の声より1オクターブ発声してみるのが効果的。
 よく手錠をかけられてから逃げようとするお馬鹿さんがいるけど、それは逆効果っていうかムリ! 神妙な顔でお縄をちょうだいしましたって神妙な顔で、ヨ、ヨッと刑事の胸倉に飛び込むと後の尋問が楽しくなるぞ。
 ココでワンポイントアドバイス!
 手錠をかけられる際、毛深い人は前日に脱毛をしておくと、好感度アップ間違いなし。また太っている方、厳密に言うと手錠がお肉に食い込みそうなデブはあらがじめダイエットしておくのがマナーですぞ。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 15:05 | 企画捨て場

企画捨て場 24

●企画名
「ラクして長続き、ワシらでもできる『楽勝勉強法』(資格編・英語編・経済知識編)」
●企画趣旨
 こんな時代だからこそ、学生時代に戻った気分でお勉強して資格なり、知識なりを身につけなくてはといつも思うだけ。仮にせっかく始めても3日坊主で終了。
 そうならないための簡単、楽勝勉強法を伝える企画。

●企画名
「こんな時代だからこそ、スーツを脱いで『脱サラ職人』への道」
●企画趣旨
 給料は上がりそうにもない、出世もできそうもないなんて過去の贅沢。
 すぐにでもリストラされそう、会社がつぶれそうな今こそ、あえて手に職をつけて独立しよう。

●企画名
「大人のための『ビンボー・スタイル』BOOK(初級編)」
●企画趣旨
 給料激減、ボーナスカット、当然おこずかいは雀の涙…。
 そんないい年こいて貧乏なワシらの正しい「ビンボー・スタイル」を紹介する。

●企画名
「『おじさま』と『おっさん』の境界線を探る!」
●企画趣旨
 同じ中年男性なのに、かたや「おじさま」と呼ばれるナイスミドル軍、ワシらは「おっさん」呼ばわりの落ち武者軍。
 その境界線は一体どこなのか?「おじさま」と呼ばれる日が来るにはどうしたらいいのかを探る企画。

●企画名
「『夏のボーナス』が貰えなかった人、この指とまれ!」
●企画趣旨
 もうすぐ夏のボーナスシーズン到来!
 各業種のボーナス事情を探る。

●企画名
「ワンランク下の『ヒマつぶしスポット図鑑』」
●企画趣旨
 不景気だからこそ、仕事をさぼる。
 でも、どこでヒマをつぶすのか。
 喫茶店なら「ルノワール」ではなく「ドトール」、「パチンコ屋」でなく「ゲームセンター」、「ソープ」じゃなくて「激安ピンサロ」。
 そんな「ワンランク下のヒマつぶしスポット」を紹介する。

●企画名
「『ワシらにも使えるケータイサイト』ジャンル別ベスト3」
●企画趣旨
 出会い系サイトはもちろん、食事サイト、キャバクラサイト、風俗サイトなどの人気でワシらに役立つサイト・ベスト3を紹介する。

●企画名
「夏バテ解消グルメマップ(新橋編)」
●企画趣旨
 暑い夏を脂ぎって乗り切るための、精のつくグルメ紹介マップ。

●企画名
「妻の稼ぎを当てにしろ!
 妻にススメルおいしいお仕事はコレだ」
●企画趣旨
 もうすぐ首を切られる(予定)ワシらの厳しい老後に備えて、ブクブク太って体力温存してきたお前ら、妻が働け!
 妻がやればいい、おいしいお仕事紹介。
 思わず妻に勧めたくなること、請け合い!

●企画名
「30代、40代セックス白書2003」
●企画趣旨
 粋も甘いも、部下OLも風俗嬢も知り尽くしたワシラのセックス事情をついに初公開。
 経験人数も性歴も半端じゃないぞ、ワシラは。
 そんな戯言も、もう言えなくなっちゃうかも…。

●企画名
「もう許せん!
 会社への恨み、つらみ、愚痴を大告白大会!」
●企画趣旨
 今さら何も失うものもないので、長年の会社への恨み、つらみ愚痴を大告白しちゃいます。
 しちゃえ、しちゃえ、大いにしちゃえ!

●企画名
「妻に言われる前に、言い放て!
 夫のための正しい離婚術」
●企画趣旨
 熟年離婚はさせやしない。
 妻に退職金までとられてたまるか。
 今ならまだ間に合う、夫のための正しい離婚術紹介企画。

●企画名
「おじさまオシャレ講座。
 1万円でステキなナイスミドルに大変身!?」
●企画趣旨
 もうダサいなんて呼ばせない。
 相変わらずのデフレだからできる、10,000円で大変身術を大紹介。
 若いナオンからの逆ナン必死かっ!?

●企画名
「『窓際』残酷物語!
 私はコレでも会社をやめないサバイバル白書」
●企画趣旨
 ワシラ、こんなにひどい扱いを受けました。
 でも、こうして窓際にしがみついて、なんとか生き残りました。
 その情けない戦術を大公開する。

●企画名
「最近の若者に物申す!おじさんが若い頃は●●だった」
●企画趣旨
 最近いいことなんて全然ないから、最近の若者の悪口でも言って憂さを晴らすか。
 都合よく、都合の悪い昔のことは忘れてきたし、ようやく過去を美化する術もせっかく覚えたから、ネッ!

●企画名
「40歳『給料が下がるのが常識』そんな時代の歩き方!」
●企画趣旨
 おっさんになれば給料が上がると信じて、若僧時代からの長い下積み期間、安月給にも耐えてきたワシラ。
 なのに、おっさんになったら、給料は下がる一方。
 こんなワシラの給料・折れ線青春グラフティ~。

●企画名
「40から始める『新しいセックス法』で健康になる」
●企画趣旨
 もうガンガン腰を振れない、そんな機会すらない、ワシラ。
 そんなワシラの大人の余裕と体をいたわり、もしかしたら健康にもなれるセックス法を紹介。

●企画名
「沿線キャバクラ、名店、秘店、迷店ご案内ぃ~」
●企画趣旨
 真の男は常に勝てる戦場を追い求めるもの。
 大都会のキャバクラじゃ一切相手にされないワシラ、つまり「銀座? ナニそれ?」族こそ、沿線キャバクラに向かうべきではないだろうか。
 いざ、行かん、千円札一枚握り締め!

●企画名
「課長という名のお仕事」
●企画趣旨
 課長にはなったけど…、上司にはバカにされ、部下にはさげすまれ、OLは不倫の「不の字」もやらせてくれない、そんな課長に誰がした。
 課長にまで登りつめた男が語る、本音地獄の嵐。

●企画名
「企業間、企業内、ワシラが負けた理由」
●企画趣旨
「ワシが入社したころは、あんな会社三流だったのに」、「あいつ、昔はワシの部下だったのに」と負け犬の遠吠えをたくさん拾って、公開しちゃうぞ。
 一切害はなし。だって、しょせん、負けおじさんの遠吠えだもん。

●企画名
「『ああ、また領収書が落ちない』の悲しくもセコイ、会社の事情」
●企画趣旨
 給料、ボーナスの削減では飽き足らず、ついに大幅な必要経費の削減まで迫ってきた。
 せめて、ワシラの経費を返せ!
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:40 | 企画捨て場

企画捨て場 23

●企画名
「おっぱいの似合う風景」
●企画趣旨
 ボーボーと燃え盛る火事現場でおっぱい、ペロン。
 喧嘩しているカップルの前でおっぱい、ペロン。
 禿げオヤジ2人の頭の上で、おっぱい、ペロン。
 おっぱい女を連れて、おっぱいが似合う風景を見つけたら、ペロンして撮影する企画。

●企画名
「都内某所で、クンニ専門風俗店を発見!?」
●企画趣旨
 知る人ぞ知る、俺は知らねえ、クンニ専門の風俗店。
 クンニ好きの男たちが夜な夜な、オメコを舐めに足繁く通うらしい。お客はひたすら女の子のあそこを舐め続けるだけで、女の子からサービスは一切ない。自分の舌だけで女の子をイカせることに無上の喜びを感じる、玄人好みのお店とのこと。
 なんと店の女の子のあそこは一ヶ月もいると、ビラビラになるという噂だ。
 その真意を確かめるため、潜入取材を敢行する。という感じのうそ企画。

●企画名
「写メール激写!
 素人ヌード撮影大会に潜入」
●企画趣旨
 写メールで撮影すると、なぜだか女の子のかわいさ、エロさが増すという噂。確かにネット(
http://www.phoenix-c.or.jp/~phantom/cgi-bin/pv/mv/imgboard.cgi)で、写メールで撮影された女の子はみんなエロくてかわいく見える。
 そこで素人ヌード撮影大会に潜入したという設定で、女の子を写メールで撮りまくる企画。

●企画名
「麗しきレズ人気、急上昇?」
●企画趣旨
 ロシアの人気デュオ・タツゥーに感化されたから、ますます男性が弱くなり、女性が強くなったからか、最近レズのカップルが増えている気がする。
 レズカップルや新宿2丁目のレズバー、おなべなどの取材、レズものエロ本、レズビデオの紹介をして、レズの実態を探る企画。

●企画名
「各駅停車の風景」
●企画趣旨
『世界の車窓から』のパクリ企画で、日本全国の各駅停車の車窓から見える風景を延々流すだけの、主に鉄道マニアをターゲットに絞った企画だが、日本の原風景を見ることによって癒される一品にもなっている。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:37 | 企画捨て場

企画捨て場 22

●企画名
「イメトレで勝つ!」
●企画趣旨
 一流のアスリートは試合前、イメージトレーニングで勝利までの道程をイメージするという。
 もちろんそんな汗臭いことはしない。イメトレの中なら素人だって一流アスリートに勝利できるのだ。
 例えば、柔ちゃんをピストルで撃ち殺す、何度もとか、50cm前から松井に剛速球を投げつけるとか(あくまでイメージなので、松井のスイングで頭をカチ割られても痛くない)、中田にドリブルを教える、え、もうサッカー辞めたの!?とか。
 もうバタバタと一流アスリートを打ち破って、爽快感と虚しさを味わう。

●企画名
「すべて、おセンチメートルにしちゃうぞ」
●企画趣旨
 森羅万象、喜怒哀楽、すべてをcmで表す。
 例えば、「子供が生まれた、48cm」。「子供が死んだ、3cm」。「海釣りに行こうとして川に行ってしまった、100cm」。「あなたの愛国心度、5cm」。「お墓が安く手に入った、49センチ」などなど。
 センチの基準は特になし。

●企画名
「職業別レイプ白書」
●企画趣旨
 サラリーマン、公務員、ガテン系、無職の人々の職業別レイプ事情を探る企画。
 多分、公務員ならおとなしそうな女を固い感じにレイプするだろうし、ガテン系ならヤンキーっぽい女を力強くレイプするだろう。
 果たして、それは本当なのかを探る。

●企画名
「オメデタ・レビュー」
●企画趣旨
 その日お誕生日の俳優さんが主演のビデオを見て、「お誕生日おめでとう」をこめて辛口レビューを贈る企画。

●企画名
「どこでも、ビデオ&DVD」
●企画趣旨
 ポータブルビデオ片手にどこでも映画三昧。
 同じ映画でも、例えば『タイタニック』でも公衆便所で見る『タイタニック』と、公園のボートの上で見る『タイタニック』では臨場感とかそんなのが断然違ってくる。
 同じ映画を違う二つの場所で見て、その映画の正しい見方を世に広める企画。でも、駄映画を立て続けに二度見するのはつらそう…。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:32 | 企画捨て場

企画捨て場 21

●企画名
「まるで興味のないあの人は、今」
●企画趣旨
 好きでもなかったし、友達ですらなかった、昔の同級生や知り合いを毎回一人取り上げて、その人の現在を追う企画。
 もしかしたら、そこから芽生える恋や友情もあるかもしれない。そういう間違いがあったら、ドキュメンタリーとしてついでに追ってもいいんだよ、いいや、追おうじゃないか。

●企画名
「次世代を担う、新人AV監督列伝」
●企画趣旨
 第二の溜池ゴロー監督や、松本和彦監督の座を脅かす、新人AV監督たちを紹介する企画。

●企画名
「ご近所の名医さん」
●企画趣旨
 昨今、医療事故が相次いだせいか、週刊誌の特集や、宝島のムックなどでいい病院、悪い病院を多く紹介している。
 それと同様に各エリア別にいい病院と悪い病院を紹介して検索できるサイト。また、いい病院や、いい医者の見分け方や、病気チェックができるコーナーも設ける。

●企画名
「未決行予告サイト」
●企画趣旨
 ネットで花盛りの決行予告。
「今から自殺します」だの「これから小学生殺しにいきまーす」だの、と実際にやりかねない危険な予告が多い。
 当サイトの予告はまったく危険がなく、しかも実際に決行することはありません。
 例えば、「今からあややでオナニーします」と予告するもインポで未決行。「これからみかん狩りに行ってきまーす」と予告するもみかん嫌いなのを思い出して未決行。
 こんな感じの害のない、お馬鹿サイトになっております。

●企画名
「息子自慢と娘自慢」
●企画趣旨
 自慢の息子(チンポ)と娘(マンコ)を写メールで送ってもらい、自慢しあうサイトです。
 無修正が好ましいが、若干のボカシは仕方ない所。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:26 | 企画捨て場

企画捨て場 20

●企画名
「電話相談室に電話してみた」
●企画趣旨
 公設、私設をあわせて全国には無数の電話相談室がある。
 子供相談室、シニア相談室をはじめ、配偶者を失った人のためのほほえみ電話相談、ゲイであることを告白するゲイ電話相談、赤ちゃん電話相談、ぼけ電話相談、と枚挙に暇がない。
 そこで難解な相談(「エスパーになりたい」。「蒸発した父を持ちたい」、「とにかく相談に乗りたい」など)を各相談室に電話して、どの相談所が一番親身になってくれて、いい回答をくれるかリサーチする企画。
 また電話相談室をタウンワークのようにジャンル分けして、読者が「ああ、何か相談したい」というときに、すぐ電話できるような電話相談室便利帳にもする。

●企画書
「出せなかった遺書、出せた遺書」
●企画趣旨
 実際に使われた遺書や、遺書は書いてはみたけども、結局自殺せずに使い道のなくなった遺書を紹介する企画。「自殺マニュアル」ならぬ、「遺書マニュアル」を想定。
 ちなみに古今東西の自殺者と遺書を掲載している、『自殺と遺書のウェブ』では過去の自殺者や遺書などを公開し、今月の自殺者や鉄道自殺記録などの自殺に絡んだ事柄をたくさん紹介している。
 下世話で世知辛い話ですな。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/dazai/dazai.html

●企画名
「足で稼いだ、エロ大物」
●企画名
 VOWのエロネタ版。別名、VOWパクリ。
 そんな気分で、何気なく歩いているいつもの道にも、お宝モノのエロっい看板や、エロっい広告や、エロっい置物なんかが転がっているものだ。
「ここが一番出し入れしやすく、安い」という駐車場の看板など、エロそのものを想定しているとしか思えないじゃないか、諸君!

●企画名
「旅自慢」
●企画趣旨
 私はこんな旅をして、こんなにいい目にあったという、旅行記風自慢話を載せる企画。
 ネットなどでも、個人的な旅行記を載せているサイトが多く、大半がつまらないのにそこそこアクセス数がある。まあ、同じ所に旅をしようとする人にはなんかの参考にはなるのだろう。
 ついでに国内旅行、海外旅行のプランを予算、日程、目的などに合わせて紹介する企画。
 例えば「十万くらいで、一週間くらいで、海外でしかも泳げるところ」という希望に、即座にお答えする。旅行会社とのタイアップも検討。

●企画名
「現代版・大人の日本昔話」
●企画趣旨
 現代の文化、風俗等を取り込んだ、大人のための日本昔話。
 例えば、桃太郎なら、「むかし、むかしあるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山に行くと見せかけて、山の麓にあるキャバクラの舞ちゃんに会いに、おばあさんは洗濯に行く振りをして、隣の家のおじいさんに抱かれに。その頃、川では大きな桃がどんぶりこ、どんぶりこと昼下がりの情事が終わるのを待っていた」のような感じにエロ改悪する。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:19 | 企画捨て場

企画捨て場 19

●企画名
「風俗嬢が足繁く通うお店」
●企画趣旨
 風俗嬢が出勤前や後に、いつもたむろしているお店を紹介する。
 もしかしたら、店外恋愛に発展しちゃうかも!?

●企画名
「街角ナイスミドルインタビュー」
●企画趣旨
 毎回、街角で一人のおじさん(主に40代)の性遍歴や性生活、性向等をインタビューする。
 中年は本当にスケベなのか? 同年代の男は今まで何人とセックスしたのか? 今はどの程度、どんなセックスをしているのか? などを探って発表する。
 そこから探るは、日本のナイスミドルのセックス事情。

●企画名
「大人の青姦スポット」
●企画趣旨
 おじさんだって青姦したい。
 不景気でお小遣いも少なく、せっかく部下のOLとセックスできるチャンスが到来したのに、ホテル代もままならない。
 そんな時のために、おじさんでもできる大人の青姦スポットを紹介する。

●企画名
「お蝶夫人で夏を乗り切れ」
●企画趣旨
 熱い夏は喉が渇く。
 麦茶、コーラ―、ビールと休みなき水分補給がまた楽しみでもあるが、そんな夏生活を送っていて真っ先にバテルのが胃腸。
 そんな時、このダイドー「お蝶夫人」さえあれば、夏バテ知らずで一夏の経験もまっとうできるはず!
 テニスやっては「お蝶夫人」、テニスやっては「お蝶夫人」みたいなベタな感じの構成。

●企画名
「にっぽんの夏、にっぽんのGappa」
●企画趣旨
 夏といえば、どこに行くにもTシャツに短パンが定番。
 こんななりだけどちょっとはオシャレしたいという男心を満たす、「ERO Gappa Tシャツ」を着て、海に川に池に出かけよう!
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 14:06 | 企画捨て場

企画捨て場 18

●企画名
「今年のイチオシ水着を写メールでプレゼント」
●企画趣旨
 今年流行の水着姿の女の子たちが、互いに写メールでその姿を撮りあう。
 その写メールをWANTED風にずらりと並べる。
 で、その写メールを選ばれし読者にプレゼントする企画。
 水着メーカーとJ-PHONEとのタイアップかしらん。

●企画名
「入学シーズン到来!
 小・中・高それぞれの新入生に、正しい放課後の過ごし方を教えます」
●企画趣旨
 女の子が小学生、中学生、高校生の男子にそれぞれコスプレして、ただしい放課後の過ごし方をお教えする企画。
 小学生なら半袖、半ズボン姿にコスプレした女の子が駄菓子屋で万引きする画。
 中学生なら詰襟姿にコスプレした女の子が川原でエロ本を探している画。
 高校生ならブレザー姿にコスプレした女の子がOLをストーカーしている画など。

●企画名
「21世紀の童貞喪失物語」
●企画趣旨
 21世紀にもなったのに、悲しくもおかしい童貞喪失をしてしまった人々の小話集みたいな本。感じとしては「死ぬかと思った」(くだらない、死にかけた体験をネットなどから集めた本。現在3巻まで出ている)を想定。
 読者ターゲットは男子中高生及び、童貞。

●企画名
「47人の日本人」
●企画趣旨
 日本全国47都道府県のそれぞれの県民性などを探る。
 ただし、それぞれの出身者一人のデータ―を元に。
 例えば、青森県出身の小林さんが童貞喪失が25歳だとすると、「青森県の男性は奥手で、おおむね25歳で童貞を喪失する」となる。とっても偏った県民性が分かる本を想定。

●企画名
「男版シンデレラストーリー」
●企画趣旨
 俗にいう、逆タマに運良く乗っかった男シンデレラを取材する。
 今までの男の出世コース、「いい大学、いい会社に」乗っかっても不安なこのご時世、これからの男の出世コースは「女青年実業家を見つけて結婚」することではないだろうか(今の、女の出世コースは、したたかな女が集う芸能界を見ても分かるように、スポーツ選手もしくは青年実業家との結婚であることから類推。現段階ではお金を一杯稼げる、女スポーツ選手はマラソン選手などの少数ゆえ、女スポーツ選手は削除)。
 新しい時代を先取りして、さっさと逆タマに乗っかった男シンデレラたちを通して、これからの「男の幸せって何?」を追求する。
 また男シンデレラになるにはのHOW TO、男シンデレラに成り損ねた失敗談(梅宮アンナの旦那など)、逆タマとヒモの違いなども含めて取材したいところ。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 13:45 | 企画捨て場

企画捨て場 17

●企画名
「ロリコン男が急増中」
●企画趣旨
 今、男は疲れている。そして女はますます強くなっていく。
 大人の女性にうんざりした男たちが、大挙して子供の女性に流れている。そして、その流れはこのサイトまで行き着いた。
 そうこのサイトでは汚れを知らない小学生たちが、ブルマ姿の半裸で寒風摩擦をしているのだ。
 こんな破廉恥なことをさせるとは、小学校の男性教諭たちもよほど疲れているのだろう。
http://land3.site.ne.jp/tousatsu/img/0330.jpg

●企画書
「どんどん買い換え、捨てていこう!
 贅沢のススメ、正しい賞味期限はこれだ」
●企画趣旨
 ヤクルトが主婦の生きがいを調査したところ、「夫の賞味期限は10年」、「夫の年齢が上がるほどペットにも及ばず」との結果が出たと報じた。(日刊スポーツ2月6日)これに絡めて、人やモノの賞味期限を勝手に決める企画です。
●企画サンプル
・政治家の賞味期限は1年。
 長く政治家をやっても、ロクなことをやらないのでみんな1年で終わり。なりたい人も一杯いることだから。
・パソコンや携帯の賞味期限は半年。
 景気回復のために、新製品が出るたびに買い換えましょう。なんなら、パソコンや携帯の企業は半年で爆発する商品を開発してもいいのでは。
・彼女の賞味期限は3ヶ月。
 他の男にちゃんと回しなさい。どうせ三ヶ月も経てば、飽きてるんだから。
・処女の賞味期限は15歳。
 もうドンドンやりなさい。
・風俗嬢の賞味期限は1年。
 それ以上長くやると、手抜きを覚えてサービスがないがしろになる。
 などなどです。

●企画名
「お花見シーズン到来 桜の木の下で見つけた女の子」
●企画趣旨
 お花見シーズンに、桜舞い散る中、キレイな女の子をキャッチするだけの企画。

●企画名
「私鉄沿線各駅でそれぞれ見つけた、ベスト1のかわいい女の子」
●企画趣旨
 例えば、私鉄の東横線を例にとって説明すると、渋谷―桜木町間に駅の数は20弱。
 その各駅それぞれの駅前で見つけた一番かわいい女の子を一人キャッチする。
 つまり駅が20弱あるなら、20人弱の一番かわいい女の子をキャッチする。「東横線の田園調布駅で一番かわいい女の子はこの子だ」。「菊名駅で一番かわいい女の子はこの子だ」と私鉄沿線別に紹介していく企画。

●企画名
「持ち物チェック」
●企画趣旨
 大工さんや鳶さんの、自慢の道具をちょっと拝見させて頂く。
 で、その道具にかける思いや自慢を語って貰う企画。
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 13:43 | 企画捨て場

企画捨て場 16

●企画名
「すぐそこにある、サイバーテロル危機!
 僕らのサイバーテロル告白白書」
●企画趣旨
 先日(1月25日)、韓国全土がインターネットへの接続を一切できない麻痺状態に陥った。日本などアジア各国でも接続障害が同時に発生、世界中でも通信速度低下などネットを巡るトラブルが相次いだ。ウイルス(感染ファイル「ワーム」)による、サイバーテロの疑いが強いとのこと。
 こんな大規模なサイバーテロルはしたことないけど、実は僕らも、
・メールで片思いの子に気持ちを打ち明けた。「訴えるわよ」と言われるまで延々と。
・FAXで不幸の手紙を送った。
・ルス電に自作の詩の朗読を目一杯吹き込んだ。
・写メールで興奮した局部を知らない人に送りつけた。
・携帯のアンテナで風俗嬢を愛撫した。
 などの身近なサイバーテロル体験を告白して貰ったり、企業等のサイバーテロの実情を
告白して貰ったりする企画。

●企画名
「おい、罰金だ!
 日本一のチ―ム流儀に右ならえ」
●企画趣旨
 昨年の日本一、巨人軍が今年猛威を振るうインフルエンザの集団感染を懸念して、ある対策に乗り出した。インフルエンザに感染した場合、二軍降格や強制送還、場合によっては罰金の厳罰を科す方針だ。
 とても日本一のチームがやるとは思えない、インフルエンザで罰金なんていうひどい罰金にちなんで、いろんな罰金を考えようという企画。
 例えば、
・人に道を聞かれたら、罰金。
・もみあげ5cm以上で、罰金。短すぎても、罰金。
・コンビニに30分以上滞在したら、罰金。
・本気で恋について語ったら、罰金。
・ラーメンの汁をちょっとでも残したら、罰金。
・風俗嬢の身の上話を聞いたら、罰金。
・「ちょっと飲みすぎちゃって」と下戸のくせに勃たない言い訳をしたら、罰金。
 などなど。
 それ以外にも罰金の歴史や、世間の罰金状況などを調査する。

●企画名
「ダイエット露出グループに大潜入」
●企画趣旨
 露出すればやせると信じて露出を繰り返す、ダイエットグループの一日を追う。

●企画名
「国内最大級のおしっこ専門サイトが熱い」
●企画趣旨
 最近、雑誌を賑わしている、おしっこ。
 世には隠れおしっこファンがたくさんいることが如実に分かるサイト。
 おしっこ、おしっこ、おしっこの嵐で、ノーマルの人が見ても十分に笑えるようになっている。
http://www.j-pee.com/j/main.html

●企画名
「変態アニメの世界 乳首フェチの集い」
●企画趣旨
 アニメと聞いただけでも変態ッぽいのに、「変態アニメの世界、しかも乳首フェチの集い」となるともうすごいことになっている。
 秋葉原などのアニメ人気はますます過熱している昨今、生身の体に飽きた人にも、普通のエロ写真に飽きた人にぜひオススメの新たな扉を開くサイト。
http://kaiji.free-city.net/
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-04-25 13:40 | 企画捨て場