フリーライターの“よしおとよしこ”が己の類似ブログ、『よしことよしこの企画置き場』(http://kikakuman.exblog.jp/)に対抗!      “置き場”と“捨て場”、どっちが偉いか?まっ、どっちもどっちさ。


by shinyahattori666

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

企画捨て場 45

●企画名
「ネェ、アンタ、密着24時させて!」
●企画趣旨
 テレビの「警察密着24時」や、新聞の「首相の一日」のように、毎週いろんな職業の人に24時間(実際は始業から終業くらいまで)密着して、その仕事の一日の流れをルポするだけの企画です。
 いろいろな職業だけでなく、結婚10年目の夫婦や100歳の人、不良外国人、ストーカー、迷子など幅広く密着する人材はセレクトします。
 自分の知らない職業の人や、得体の知れない人は「どういう一日を過ごしているのかなあ?」という素朴な疑問を満足させられれば、本望です。

●企画名
「これでもう見納め!?
”殺人マンション&殺人ホテル”弾丸ツアー
 大地震が来る前に駆け抜けろ!」
●企画趣旨
 姉歯建築設計事務所による耐震構造計算書偽造事件のマンションやホテル(都内近郊)を見開きの4色で、できるだけ多く紹介するだけの企画です。
 そのマンションの住人や近隣住民の怒りの声も拾いたいところです。

●企画名
「ニート一揆を起こせ!
 コードネームは“農業のススメ”!!
 さあ、タイゾ~チルドレンたちよ、農業で職も嫁もゲットだ!
 ニート問題、食料自給率低下、農家の後継者問題、少子化等々の
日本の病巣を、農業一発で解決する一石百鳥作戦!?」
●企画趣旨
 農林水産省はこの程、来年度からニートやフリーターの就農を支援すると発表。高齢化や後継者難に悩む農村では期待が高まっている。
 農水省は事業予算で1億円を計上し、年間約100人のフリーターやニートの農業体験合宿への参加を見込んでいる。宿泊費と食費は自己負担が原則だが、国が一部を助成することも検討しているという。
 それに先駆け、NPO法人「育て上げ」ネットの訓練プログラムで、ニートたちが農家の手伝いをする「援農」が好評だ。
 昨年9月から、ニートたちは高齢化と人手不足に悩んでいる立川市の農家で、水菜やチンゲンサイの苗を植えたり、収穫の作業を行い、「援農」に励んでいるそとのこと。
 また今年は、育て上げネットの「援農隊」10名が初めて岩手県へ遠征し、リンゴの摘花作業なども手伝ったという。
 実は今、その岩手県の農家に嫁いだ三上亜希子さん(32)のブログ「農家の嫁の事件簿」が、人気ブログランキングでは堂々の東北1位を記録! 全国にも熱烈なファンを持ち、1日のアクセスは1000件以上。
 つまり、最近は“農家の嫁”がトレンディで、ニートたちも農業さえ始めれば、嫁がわんさか寄ってくるはず。
 このニート問題のみならず、食料自給率低下、農家の高齢化、後継者問題、少子化等々の日本の大問題を一気に解決できそうな、「援農」を取り上げ、日本の危機感を煽りつつ、ニートに農業をススメる企画です。
 農林水産省に農業支援の詳しい話を聞き、NPO法人「育て上げ」ネットのニートたちが立川市で「援農」に取り組む様を取材し、ニートを一人、そこに連れて行き、実際に農業を1日体験して貰い、その感想などを聞いてみる。
 また、「農業をやりたい? 女にモテモテらしいよ」と何人かのニートに聞いてみたい。
 農家の方にも農業の厳しさや、ニートたちがこの先、本当に農業を続けられるのかどうかなども伺いたい。
●構成案(?)
 ニートたちの4割が、現状や未来に焦りはないという。
 しかし、家族、特に母親の6割は、ニート問題が「ひとごとでない」と答えている。
 実際、文部科学省の調査によると、大卒の6人に1人が「ニート予備軍」だそうだ。東大卒の2割がニートというリサーチ結果もある。
 また、読売新聞の世論調査によると、「日本人の勤勉さは今後続かない」と答えた人が6割にものぼったという。
 こんなニート問題を新たに抱えた日本では、相変わらず少子高齢化が着々と進んでいる。
 今年ついに、65歳以上が初めて総人口の2割を超え、本年も長寿世界一も達成。しばらくその座は安泰であろう。
 一方、今年の出生率は1.289と過去最低を更新。子供は1765万人と24年連続減で、総人口の13.8%しかいない。
 それを反映してか、なんと本年度、日本は初の人口減を記録! 少子高齢化といういびつな形で、人口減社会の足音は間近に迫っている。その証左に今年、日本は世界人口の国別で10位に転落した。
 そんな厳しい状況の中、05年版労働経済白書によると、ニートは前年と同数の64万人。ごくつぶし繋がりではないが、2007年からは団塊世代の大量退職が始まる。新たなごくつぶしの誕生である。
 ちなみに今年6月末の国の借金は過去最高の795兆円で、国民1人623万円にものぼる。
 しかし、一億総中流は遠い昔の話、現在では収入格差が広がり、日本の富裕層はほんの一握りの134万人。
 今後多数を占めることになるであろう下流社会の厳しさを予測するように、「貯蓄なし」の世帯は過去最高の2割強にものぼった。
 それを如実に表すかのように、日本は「生活の豊かさ」で世界11位に後退。
 読売新聞の世論調査で、「神仏にすがりたい」と答えた人が54%もいたのも、むべなるかな。
 前置きが非常に長くなりましたが、そのような日本の現状を一発で解消できるのが、ニートやフリーターが農業に就くというウルトラCである。
 このウルトラCがうまくいけば、増加の一途をたどる家族や社会のお荷物、ニート問題を簡単に解消でき、高齢化や後継者問題や過疎化に悩む農家の助けになり、相変わらずの40%前後という横這いの低空飛行を続ける日本の食料自給率のアップにもつながるだろう。
 またニートが農業という定職を持てば、収入が安定して、税金も納められるだろう。ニートには夢のまた夢と言われた結婚もでき、やり方さえ知っていれば子供だって何人も作れる。
 そうなれば、加速する収入格差化や少子化にも歯止めがかかるはず。
 ここから、ようやく本題です。企画趣旨とややかぶりますが…。
 実際、農水省は来年度からニートやフリーターに農業体験合宿をさせる、支援事業を始める。
 また、民間のニート支援のNPO「育て上げ」ネットではいち早く、「援農」プログラムを実施し、後継者問題や高齢化に悩む農家に好評を得ている。
 しかも、農家の嫁のブログも大人気と追い風が吹いている。
 そもそも、どこの農村でも村をあげて、農業後継者作りと花嫁・花婿の確保に血道をあげているので、農業を始めれば、今ならもれなく嫁もついてきます状態だ。
 自分で嫁を探す手間もはぶけるってもんだ。農業はいいぞ~。
 更なる追い風で、杉村太蔵衆院議員や眞鍋かをりもニートを応援してくれている。
 タイゾーくんは、フリーターやニートらとの意見交換集会「第1回杉村太蔵が聞きたいっ!」において、「衆院議員もニートも紙一重」などと約2時間にわたって熱弁。更に「杉村太蔵は日本中どこにでも会いに行きます。待っててください!」と声を張り上げた。
 さあ、来て貰いましょうよ、太蔵チルドレンのところへ、農村へ。
 ちなみに、眞鍋かをりは「若者の人間力を高めるための国民運動」のイベントで、五輪柔道三連覇の野村忠宏と一緒に、ニートにエールを送った過去がある…。
 どうしても農業は嫌だという、わがままニートのために朗報もある。
 現在の人手不足はバブル期並みの水準と言われており、例の2007年問題をまた引き合いに出すまでもなく、ニート風情でもひくてあまたのウハウハ売り手市場状態だ。
 また、文部科学省も急増しているニート対策として、大学などで行われている将来の目標や職業意識を学生に持たせるためのキャリア教育を重点的に支援する方針を決めた。来年度予算の概算要求に約七億四千万円を盛り込む。
 民間でもニートや、その家族らを支援するために、就職や資格取得などの情報を集めたインターネットサイト「ニートサポートナビ」の運用が始まった。
 各地のアルバイト情報や300以上の国家資格などの情報も入手でき、若者同士がそれぞれの悩みや将来の進路を語り合えるように掲示板のスペースも設けた。メールでカウンセリングも受けることができる。
 という流れで、取材結果をココで一気に発表する。
 で、ホラねという感じで、ニートを脱出するなら、今が大チャンス!とまとめる。
●参考サイト
フリーター、ニートに農業体験合宿 農水省が支援事業(2005年11月26日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/1126/TKY200511260259.html

ニート支援NPOの「援農」プログラム 若者、農家に好評(2005年5月31日 読売新聞)
http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_05053101.cfm

「農家の嫁」って楽しい 三上さんのブログ大人気 岩手(2005年11月30日 河北新報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000006-khk-toh

農家の後継者問題
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/kaidai/noukanouson/13-3-4_h.html

農業後継者づくりと花嫁・花婿の確保について
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/nogyo_iinkai/qa/qa03.html

日本および各国の食料自給率の推移
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/0310.html

太蔵&ニート 意見交換で“ズレ”も(2005年11月10日 スポニチ) 
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/11/10/01.html

<眞鍋かをり>ニート、引きこもりにエール(2005年10月26日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051026-00000086-mai-soci

<ニート>前年と同数64万人 05年版労働経済白書(2005年7月22日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050722-00000033-mai-soci

無職の若者「焦っていない」4割超…内閣府調査(2005年6月30日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050630-00000015-yom-pol

「ひとごとでない」が6割 ニート問題、母親に不安感(2005年9月21日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050921-00000158-kyodo-soci

大卒6人に1人「ニート予備軍」 文科省調査(2005年8月11日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050811-00000003-san-soci

東大卒の2割がニートに!?(2005年6月21日 PJニュース)
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1223646/detail

Yahoo!ニュース・ニート、フリーター
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/neet_and_freeters/

日本人の勤勉さ「今後続かない」が6割…読売世論調査(2005年7月27日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000011-yom-soci

国の借金、過去最高795兆円=国民1人623万円に-6月末(2005年9月22日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050922-00000099-jij-pol

「貯蓄なし」世帯が過去最高の2割強に(2005年11月2日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051102-00000013-yom-bus_all

日本の富裕層134万人 全世界では830万人(2005年6月10日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050610-00000167-kyodo-bus_all

社長の年収3200万円 取締役の2.4倍( 2005年8月22日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050822-00000134-kyodo-bus_all

「生活の豊かさ」日本は世界11位に後退(2005年 9月8日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050907-00000114-yom-int

ニート対策7億円 文科省概算要求…キャリア教育に重点(2005年8月29日 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000007-san-pol

就職や資格の情報を満載 ニート解決をネットで支援(2005年11月12日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051112-00000091-kyodo-bus_all

<人手不足>バブル期並みの水準 労働経済動向調査(2005年12月1日 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051201-00000132-mai-soci

2007年問題
http://allabout.co.jp/career/corporateit/closeup/CU20040920A/

日本、また長寿世界一 WHOが世界保健報告(2005年4月7日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050407-00000087-kyodo-soci

女性は20年連続長寿世界一 男性も78・64歳で2位(2005年7月22日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050722-00000200-kyodo-soci

65歳以上、初めて2割に…19日は敬老の日(2005年 9月18日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050918-00000012-yom-soci

Yahoo!ニュース・高齢化社会
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/seniors/

子供の数、1765万人=24年連続減、総人口の13.8%-総務省(2005年5月4日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050504-00000822-jij-soci

合計特殊出生率の推移(日本と諸外国)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1550.html

Yahoo!ニュース 少子化
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/decrease_of_children/

男性初の減、総人口伸びも最低…人口減社会足音間近に(2005年7月27日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000013-yom-soci

05年、初の人口減の可能性 厚労省の人口動態速報(2005年8月23日 共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050823-00000109-kyodo-soci

世界人口64億6470万人…日本は10位に転落(2005年10月12日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051012-00000013-yom-int

神仏に「すがりたい」54%…読売世論調査(2005年9月1日 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050901-00000116-yom-soci

経済苦原因7900人=依然3万人超、前年比6%減-04年自殺者まとめ・警察庁(2005年6月2日 時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050602-00000325-jij-soci

●企画名
「日本人の4人に3人が隠れニート!?
 そんな隠れニートに“転職のススメ”!
“中の下”社会の上手なスイミング方法教えます!」
●企画趣旨
 上記の二ート企画の派生企画です。説明面倒臭いので、パス1!
●参考サイト
<社員調査>仕事に無気力…20~30代の75%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051205-00000107-mai-bus_all

生活程度「中の下」3割、減る「中の中」 電通総研調査
http://www.asahi.com/life/update/1204/003.html

●企画案
「2006年の“ひげ初め”はもう済んだ?
 コレが噂の“ひげなで祭り”だ!
 今年はひげが来るよ!? ホラ、犬年だし」 
●企画趣旨
 毎年1月10日に千葉県佐原市の側高神社で行われる“ひげなで祭り”を4色の見開きで紹介する企画案です。
 ひげなで祭りとは、建保2年(1214)に始まったとされるお祭りで、紋付き羽織袴姿に、マリオのような立派なひげ(現在は主に、つけひげ)をたくわえた、新旧当番の氏子が向かい合って座り、ひげをなでては、大きな碗で御神酒を酌み交わすという奇祭です。
 お酒を勧められると断ることができず、何杯でもこれに応じなければならない。飲めなくなってしまうと観客から声援やヤジが飛ぶそうです。怖い。
 ひげの写真がメインで、ひげなで祭りの様子をルポしつつ、奇祭評論家・杉岡幸徳氏に簡単なコメントを貰うつもりです。
 側高神社に聞いたところ、来年も1/10(火)の13時くらいから開催するとのことです。
●参考資料
『側高神社』
住所:千葉県佐原市大倉5 
電話:(0478)57-0446 
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-05-15 18:54 | 企画捨て場

企画捨て場 44

●企画名
「ネェ、最近ったら、“大人の社会科見学”が流行っているんですって。
 ま、いやらしい。
 本当にいやらしいのか、確かめてきましたよ、近所の奥さ~ん!」
●企画趣旨
 まあ、流行っているって言うなら、便乗しておこうかしら的企画。
●参考サイト
社会科見学 大人に人気 地底トンネル・工場…好奇心刺激
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051010-00000003-san-soci

社会科見学に行こう!
http://kengaku.org/

見学に行ってきた。
http://kengaku.exblog.jp/

大人の社会科見学 - WebVision
http://www.webvision.jp/entertainment/special/

●企画名
「『狼が出たぞぅ~!』
 いざという時、そんなデマに何度も騙されない為の
“ありそで、なさそな”デマ・ベスト10」
●企画趣旨
 つい先日、「ヤフー」のニュースサイトを装ったホームページに、共同通信の配信記事として「中国軍 沖縄に侵攻」などと虚偽のニュースが掲載された。

 この事件は昨今の日本と中国の関係を背景とし、日本国民が漠然と抱いている危惧を具体化、悪露したケースと言えるだろう。

 もしこのデマの“中国軍”が“ガボン共和国軍”だったら、「え、それはどこの国ですか?」って話に、“沖縄”が“山梨”だったら、「え、ぶとう狩りですか?」ってなことで、すぐ大嘘とバレてしまい、問題にすらならなかっただろう。
 また“共同通信”が“光通信”だったらなどは言わずもがななこと。

 つまり「ヤフー」のニュースサイトをパクったことよりも、“ありそで、なさそ感”のあるデマだったことの方が、今回騒ぎになった大きな要因ではないだろうか。

 その点を踏まえて、各界著名人にそれぞれの分野(政治・経済・社会・芸能など)で、もし何らかの手段でデマとして流れたら、思わず信じてしまいそうなデマをいろいろと語って貰う。
 日本国民が漠然と抱いている、負の未来の予言となることが好ましい。何となくそう思う。
 ただしノストラダムスの大予言レベルまでいくと荒唐無稽になるので要注意!

 ある日突然流される、「そんなことあるわけがない…でももしかしたらありうるかも」的なデマに騙されない為に、「こういうのが騙されやすいベスト10ですよ、注意しましょうね」と防災グッズ感覚で心構えして貰う企画。
 どんな絶妙な大嘘が出てくるかが、この企画の醍醐味。

●構成案
「中国軍 沖縄に侵攻」との虚偽ニュースを紹介。またその背景として、昨今の日本と中国の関係も説明する。
                ↓
 各界著名人にそれぞれの分野での“ありそで、なさそな”デマをコメントして貰う。また、簡単な“デマの歴史”なども披露。
                ↓
“ありそで、なさそな”デマ・ベスト10の発表。
                ↓
 いざという時、これらのようなデマに騙されないように注意しましょうね、で締め括り。
●参考サイト
偽ヤフー 「中国軍 沖縄に侵攻」と虚偽記事掲載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000016-maip-soci

ヤフー装い偽ニュース-「中国軍 沖縄に侵攻」
http://www.sanspo.com/sokuho/1019sokuho004.html

「自分がやった」と電話 偽ニュースで長崎の男性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000182-kyodo-soci

Yahoo!ニュースを模倣した悪質なページについて
http://docs.yahoo.co.jp/info/notice28.html

インターネット犯罪- Yahoo!トピックス
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/net_crime/

●企画名
「宇宙一エロい授業」
●企画趣旨
 今、日テレの『世界一受けたい授業』が熱いと聞いた。
 系統的には『トリビアの泉』を膨らませた番組で、各界のスペシャリストが最強の講師陣として招かれ、毎回目からウロコな授業を展開する新型アカデミック・バラエティだ。
 まるで日テレの回し者みたいな発言だが、この『世界一受けたい授業』を換骨奪胎して、英語でいうとパクって、性界のスペシャリスト、風俗嬢、AV女優、ホスト、AV男優、泌尿器科や産婦人科の医者を毎回講師に仕立てあげ、エロい授業をして頂くだけの企画です。
 そもそも、性欲は人間の三大欲求のひとつ。
 そして、今は誰もが性に一家言をもつ時代だ、たぶん。
 性のスペシャリストのみならず、市井の人々も1回くらいなら誰でもエロい授業もできるはずだ、おそらく。
 毎回性のスペシャリスト先生が登場してはつまらないというか、すぐ弾切れになりそうだ。
 だから、女子高生先生、団地妻先生、100人斬り先生、または童貞先生やバージン先生、小学生先生に100歳先生なんて講師たちにも、エロい教壇に登って頂く方向で進めたいところです。
●参考サイト
日本テレビ『世界一受けたい授業』の公式サイト
http://www.ntv.co.jp/sekaju/

●企画名
「来年は戌年ですね。
 ペットブームとともに、犬男のモテモテビックウェーブも!?
 さあ、お犬様にあやかっちゃえ!」
●企画趣旨
 今や、空前のペットブームである。
 そんな世の中を象徴するかのように先日、花王が「飼い主の愛犬の接し方」調査の結果を発表した。
 女性飼い主のなんと4割が、愛犬の家庭内での優先順位を「家族の誰かより上位」と考えていることが判明。
 また、約9割が、愛犬を家族の一員と考えており、「一緒の布団で寝る」が4割、「生活の愚痴などを聞いてもらう」が3割いた。

 来年は戌年+空前のペットブーム+女性は犬好き=つまり犬男になればモテる!
 ベットブームの背景を追いながら、「犬男とは一体何か?」を追求する企画です。
 ちなみに今のところ、判明している犬男の特徴は、
○全身毛深い
○返事はワン!のM体質
○バター好き
 などである。
 また、人気の犬の名前ベスト3は「チョコ」、「モモ」、「マロン」の順なので、本格的な犬男になりたいなら、改名するのも効果的。
●構成案
来年は戌年と伝えつつ、また空前のペットブームに警笛を鳴らしつつ、女性の犬好きぶりを伝える。
           ↓
実際に犬を飼っている女性に取材して、犬のよさを大いに語って貰う。
           ↓
犬の専門家やペットショップの人に犬の特徴を語って貰う。また、ある意味、犬男のM男優さんにMの心得やモテモテぶりなどを聞く。
           ↓
さあ、今日から犬男になろうと言うことで、犬男になるための10ヶ条などを発表して、まとめ。
●参考記事
<飼い主調査>愛犬の家庭内順位は「誰かより上」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051102-00000091-mai-soci

<犬の名前ランク>最多は「チョコ」 スイーツ系が人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051101-00000016-mai-soci

ペットブームの陰に・・・~ 犬は113秒に1匹が殺処分になっている! ~
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/28_01/index.html

空前のペットブームに警鐘 動物愛護とペットブーム - [犬]All About
http://allabout.co.jp/pet/dog/closeup/CU20030716/

●企画名
「祝クリスマス! 男の度胸試しの定番企画
 男一匹が小一時間で初めてゆく、東京ディズニーランド&シー
 今がイキ時みたいよ!」
●企画趣旨
 先日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを合わせた06年3月期の入場 者数が前期比2万1000人減の2500万人となる見通しが明らかになった。
 開業以来初めての2期連続の前年割れとの由々しき事態だ。

 つまり、女子供やカップル、家族の楽園が落ち目になってきているみたいってこと。
 今なら、つがいのいない男一匹もウエルカム状態なはず。

 まだ一度も東京ディズニーランド&シーに行ったことのない男一匹でも、小一時間くらいで、初めての東京ディズニーランド&シーを楽しめるように、 見開き2Pの4色で、東京ディズニーランド&シーのいいところを5,6ヶ所を見繕って、上手に紹介する粋なクリスマス企画です。
●参考サイト
<TDL>06年3月期、2年連続で入場者減へ 開業以来初
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000109-mai-bus_all
[PR]
by shinyahattori666 | 2007-05-10 11:46 | 企画捨て場